コンテンツ支援C-POT

小学館とCARTA HOLDINGSとの合弁会社としてC-POTを設立。C-POTでは、小学館のコンテンツとその権利、コンテンツの作成ノウハウ、またCARTA HOLDINGSのシステム開発力やマネタイズ、サービス企画力を活かし運営。

  • #DX支援
  • #コンテンツデータベース構築
  • #アライアンス

概要

機能・サービス
Contents Edit System(CES)
辞書・事典の構造化データ専用の編集システム / 日本大百科全書、大辞泉が利用中
登録語数
レファレンスデータ登録数:約90点 / アーカイブデータ登録数:約7,000点(2021年10月末)

特徴・ポイント

  • 出版コンテンツの
    データベース化

    専用データベース構築

  • 保有コンテンツの
    一元的管理

    異なるフォーマットの
    コンテンツデータを一元管理

  • 保有コンテンツを利用した
    インターネットサービスの提供

    各語辞典、図鑑、美術、児童書、
    雑誌など幅広いジャンルを提供

お仕事のご相談資料請求
ご不明な点など、お気軽に
お問い合わせください